ますます充実するモンテインのラインアップ – シェルの進化が著しいです!

シェルとレインウェアが兼用だと便利ですよね

アウトドアでは、常に天候の急変に備える必要があるので、レインウェア(雨具)は必須のアイテム。

でも当然ながら、ウェアは持てば持つほどかさばるので、荷物が大きくなりますし重さも増します。

ですので、「シェルがレインウェアを兼ねていればなぁ・・」と思ったことがある人もたくさんいるはず。

 

モンテインがそんな要望に応えてくれた!

そしてなんとモンテインからは、そんな期待に答えてくれるモデルが続々とリリースされています!

モンテインシェルの画像がここにあります

さっと見ただけでも、以前とは全く違うモンテインのシェルのラインアップが揃っているのがわかりますねー。

例えばMontane Further Faster Neo などは、モンテインのコンセプト「further faster」という単語が含まれた自信を持ったモデルであることがわかります。

実際モンテインのこのモデルの作りは生地からして非常にしっかりしており、ジッパーの構造やポケットの使い勝手なども極めて高いレベルで考慮されています。

しかも着てみると、非常に軽い!

また普段は高耐久シェルとして着用し、悪天候になった場合でもレインシェルとしてそのまま任務続行、といけてしまうのも高いポイントです。

高耐久+ウォータープルーフはもはや常識といわんばかりのモンテインの攻めを感じます。

 

品質がさらに上がっているのを実感 – 着心地がさらに良くなった

さらにはモンテイン新モデルは特に、商品の品質がさらに上昇していることを実感しています。

ジップの動きが悪いとか、縫製が少しほつれているとか、ポケットがちょっと使いづらい、などなど、何かしら足りない点があるのがアウトドアウェアといった点はある意味否めないところです。

ですが、モンテインの新しいモデルに手を通してみると、より身体によくなじむため着心地が軽くなったという印象を受けます。

また一見奇抜なデザインのモデルでも、着用の際に便利なように、また活動中も使いやすいようなベント、ポケット配置、ジップ配置になっており、

「着る側の視点に立っているな」

とよくわかります。

モンテインの採用している生地素材の質自体も上がっているため、軽くて透湿性が高い、というのが、こちらも当然のようになってきています。

中でもPOLARTEC素材のモデルは、耐久性・耐水性が半端ではありません。

10,000mmの対水圧を誇る生地は、雨でも安心ですね。

 

まとめ – シェルが単なるシェルではなくなった!

モンテインのシェルはもはや単なるシェルでは無い!

というのがおわかりいただけましたでしょうか?

耐久性だけではなく、防水、対悪天候、着やすさに配慮した縫製など、レベルの向上にはめざましいものがあります。

1年たつだけでもモンテインの進化は進んでいますので、是非モンテインの新モデルは定期的にチェックすることをおすすめします!

モンテイン ミニマスマウンテンジャケット(montane minimus mountain Jacket)がリリース!

・モンテイン(montane) から新モデルのミニマスジャケットが登場! minimus mountain jacket

2013年、モンテインは新しいプロダクトをどんどん出してきていますが、その中になんと「ミニマスマウンテンジャケット(minimus mountain jacket)」 が加わりました!

マウンテンの名がつくとおり、山中でのアクティビティに特に強くなっており、モンテインの軽量レインシェルの中でも決定版の扱いになっています。

カラーは2色。
ブラックとエレクトリックブルーが出されています。

特にブラックは、フラックスジャケットのブラックを連想させる非常にデザイン性の高いモデルで、ブラックのストイックなジャケットにキウイのジップが映えます。

そしてその軽さはもちろんミニマスジャケットから継承されており、なんとMサイズで232グラム!
ザックにしまったかどうかも忘れてしまうくらいの軽量性が確保されています。
完璧なUL(ウルトラライト)アイテムです!

ちなみに収納性も非常に高く、りんご2個分くらいの大きさに収まってしまいます。

さらに、新しいザックが4種類、またフリース・ソフトシェルから、「アルパインストレッチジャケット(Alpine Stretch Jacket)」 という、いかにも着心地の良さそうな新アイテムも出されています。

ULを志すものとして、まずはMinimus mountain jacket、これは早く入手したい!!

日本でもモンテインのジャケットで取り扱いが始まっているようですので、ミニマスジャケットが売り切れで待っていた方は、ぜひ新モデルでいきましょう!

モンテイン(MONTANE) ミニマスジャケット  スリップストリームGLジャケット

モンテイン(MONTANE) ミニマスジャケット  スリップストリームGLジャケット

 

モンテインからは、ULのジャケット、ギアが多数リリースされています。
中でも今回は、ミニマスジャケットとスリップストリームGLジャケットの2つを見ていきます。

・モンテイン ミニマス ジャケット(MONTANE Minimus Jacket)

ミニマスジャケットは、強力なレインシェル(日本語でいうところの雨具)性能を持っています。
ジャケット前面ののジップは、表側に防水テープが施されており、チャックの隙間がない構造になっています。
縫い目の防水加工も当然きっちり施されています。

一方で、その軽量さも折り紙つき。
Mサイズで215グラムという軽さなので、ちょっとしたアウトドアでも、持っていくかどうか迷う必要が無いほどです。
その生地は本当に薄く、「これでジャケットなの!?」と思ってしまうほど。
それでも防水性と透湿性を兼ね備えている優れもの。
デザイン的にもすっきりとしたシルエットで、腕部分などには反射プリントが施されていて、実用性も文句がありません。

ミニマスジャケット(Minimus Jacket)はカラーバリエーションも豊富で、アルパインレッド(Alpine Red)、ビビッドグリーン、ブラック、エレクトリックブルーからチョイスできます。
さらに2013年からは Minimus Mountain Jacket という新しいラインの登場が予定されているので、これからも楽しみなジャケットです。
・モンテイン スリップストリームGLジャケット (MONTANE SLIPSTREAM GL JACKET)

モンテインはPERTEXという生地をうまく活用していますが、PERTEXは”軽量性”と”高い防風性能” を備えているという特徴があります。
スリップストリームGLジャケットは、そのPERTEXの中でも最軽量のQuantum GLを使い、ジャケット自体を超軽量にしたウィンドプルーフジャケットです。
ウインドプルーフジャケットとしては世界最軽量クラスです。

 

・そしてその着心地は・・・

と紹介したところで、この2つのジャケットの着心地ですが、「とにかく軽い!!」
ミニマスジャケットは、テントのフライシートのような薄さ、スリップストリームGLジャケットは雪山でも使えるような防風性能を持つのにも関わらず着ているのかもわからないぐらい。
どちらもULの真骨頂ともいえる着心地の良さ、快適さを持つジャケットです。

 

ULのトップランナーとして、この2着をアウトドアで活用していきたいですね!